ディシディア ファイナルファンタジー攻略wiki

ティナ・ブランフォード -Tina Branford- [編集]

CV:福井裕佳梨
ストーリーモード:誰がための力
コンセプト:マジックマスター
登場シリーズ:ファイナルファンタジーVI
魔導の力を操る少女。強大な魔法の力と幻獣の力を持っている。攻撃は、魔法がメインだが遠距離・近距離ともに攻撃することが可能。
原作では、生まれながらに魔導の力を持ち、それ故にガストラ帝国に利用されていた。
炭鉱都市ナルシェで幻獣と心を通わせたことで帝国の支配を逃れ、偶然出会ったロックとともに反帝国組織リターナーに参加し、やがて世界の存亡をかけて戦うこととなる。

キャラ解説 [編集]

操作は初〜中級者向け。

変化が少ない正統派の魔法を使い、近〜遠距離までバランス良く対応出来るため、
魔導士系の中では扱いやすく、戦いやすいマジックマスター。

前述の通り、近〜遠距離までブレイブ攻撃、HP攻撃問わずに対応可能。

ファイアやメテオなど、遠距離攻撃でダメージを与えつつ、
近距離ではブリザドコンボで相手をはじき飛ばして戦う。
また、中距離であればブリザラを始め、様々な技を狙っていけるため、ティナにとっては最も対応しやすい距離である。

唯一の派生技であるホーリーからフレア、アルテマへのコンボは決まれば
とても爽快だが、ホーリーが弾速が遅いので、タイミングが重要。

HP攻撃は遠距離攻撃でありながら、障害物に邪魔されないフラッドが狙いやすい。
また、放つタイミングを自分で決める事ができるメルトンも優秀。
室内戦ではトルネドやメルトン溜め打ちが避けづらい。

EXモードは「連続魔」が脅威。
同じ魔法を連続して放つことが出来るようになるため、火力アップに繋がるだけでなく、回避等が難しくなる。
フラッドやメルトンはかなり厄介な攻撃になるので、EX重視の装備構成だと戦いやすくなる。

攻撃アビリティ [編集]

ブレイブ攻撃 [編集]

名称CPLAND / AIR最大AP説明追加効果取得方法
ファイア20LAND120地を這う炎弾を発射する中距離攻撃
炎弾は爆発まで相手を追尾する
追撃初期
ブリザラ(地上)30LAND180大氷塊を発射する中距離攻撃
ヒットで小氷の追加ダメージを得られる
魔法ガード
激突
Lv13
ブリザドコンボ(地上)30LAND180氷塊で叩く近距離攻撃
アナログパッドでコンボが変化
激突Lv19
グラビガ30LAND180相手頭上に重力球を落とす遠距離攻撃
アナログパッドで移動できる
吸引
激突
Lv33
メテオ30LAND180相手頭上に炎弾を複数落とす遠距離攻撃
落下位置は不定だが威力が高い
-Lv42
ブリザラ(空中)30AIR180大氷塊を発射する中距離攻撃
ヒットで小氷の追加ダメージを得られる
魔法ガード
激突
初期
ブリザドコンボ(空中)30AIR180氷塊で叩く近距離攻撃
アナログパッドでコンボが変化
激突初期
サンダラ20AIR90相手の周囲に落雷させる遠距離攻撃
発生後相手に向かって連続発生する
-Lv3
ホーリー20AIR100光の弾を複数発射する遠距離攻撃
スピードは普通だが追尾性能が高い
追撃Lv10
☆ホーリーコンボ30AIR200光の弾を複数発射する遠距離攻撃
ホーリーがヒットするとフレアに繋がる
追撃Lv28

ホーリーコンボはホーリーヒット→×で追撃 もしくは ○でフレア(最大4)→フレアヒット後、習得済みなら□でアルテマへ派生
しかしホーリー自体弾速が遅いのでなかなか当たりにくい

ブリザラ [編集]

大氷塊を放つ遠距離魔法攻撃。
氷塊がヒットすると拡散し小氷の追加ダメージを与える。

弾速やリーチも十分にありさまざまな場面に対応した働きが期待できる。
氷塊はヒットしない限り拡散することはないので
ケフカのばらばらブリザガと似ているがガード後の脅威は少なめ。

しかしエアダッシュガード反射は普通に可能で、ガードによるヒットの際も同様に拡散するので注意すること。

なお、出だしの「離れて!」の際に一瞬見える小型の氷塊が発生中には魔法ガード判定がある。
それを利用して相手の遠距離攻撃を弾きつつこちらの攻撃が可能なので狙ってみよう。
判定も出の速さが幸いして当たる瞬間だと思った時に
入力すれば初めてでも簡単なので片隅くらいには入れておいて損はない。

・EXモード時
氷塊を二連続で発射できるようになることで命中率がアップ。
吹き飛ばし効果があるため連続で当てるのはかなり難しい。
魔法ガード効果も継続なのでガードされても
反射した氷塊が当たる直前まで引き付ければ反射によるダメージは回避できる。
タイミングも多少ずらせるので回避位置によっては狩れるかもしれない。
ただ、相手をかなり吹き飛ばすので
その後の相手にフリーエアダッシュの間合いを与えてしまうことを念頭に入れておこう。

ブリザドコンボ [編集]

氷塊で叩いて吹き飛ばす近距離魔法攻撃。
ティナ唯一の殴打攻撃でガードカウンターにもってこい。

コンボの最後には方向キーによる入力で吹き飛ばす方向が変化する。
地形、状況に応じて向きを変えていこう。
出もそこそこに速いためエアダッシュの時を狙って打つこともできるが
エアダッシュ中の急ガードには注意しておこう。

なお、魔法にはフォース排出量が少ない法則があり打撃型であるこれは
フォース回収の要となるためこれは是非ともメインとして使ってもらいたい。

・EXモード時
コンボ最後の吹き飛ばし攻撃がもう一つ増える。最後の攻撃なので威力も上がり、実用度が極めて高くなる。
ホーリーコンボの使い勝手も上がるため、結局出番は結構減りがちだが。
使いどころを出の速さを生かしてガードカウンターや回避狩りに絞れば十分な働きが出来そう。
フォース回収のためにも頻度は闇雲になりそうな限界まで多く使うほうがよい。

ホーリー・ホーリーコンボ [編集]

光の弾を5個発射する遠距離魔法攻撃。
ホーリー単体では追撃へしか派生しないが
コンボの場合は最大4発フレアの炎弾を放った後アルテマへと派生することができる。

追尾性能、威力は申し分ないのだが弾速がかなり遅いため
まともに放って当てることが至難の技。メテオによる擬似派生コンボをお勧めする。(メテオ参照)
弾道が山なりになっているのでガード後の攻撃も不可、無難にブリザドコンボで繋ごう。

ただ、牽制としてなら追尾性能の優秀さからどんどん放ってみるといい。
注意してほしいのはガード反射によるダメージが大きいことで間合いを考えて使おう。
命中後のフレアはCPU相手でも全弾当てるのは難しく、
4発撃っているうちに体勢を直されるとアルテマへ派生できない。
2発くらいで区切ると体勢も直せないのでそこからアルテマへ確実に派生させるといい。

・EXモード時
今までの不便さが一転、出も速く弾速も申し分ない攻撃へと進化。
光の弾を3個×2回発射するようになりフレアの弾数も8個に。
当然派生後のアルテマも2連続で撃てるので通常時よりも倍近くのブレイブが奪える。

山なりの弾道も低くなり至近距離からならホーリーが命中するようにもなりガー反にも対応する。
しかし単発でぶっぱなしもいいがガードもされるので他の技と組み合わせて効率よく相手を苦しめよう。

メテオ [編集]

相手の頭上に炎弾を複数落とす遠距離魔法攻撃。
地形による影響は少ないが場所によってはヒットがまちまちになることがある。
そしてガードはできないがエアダッシュによって防がれやすく弱点も多い。
ただし威力は極めて高く攻撃時間も長いので擬似派生ができる。

擬似派生というのはメテオ降下中にはティナ自身が対空する上にメテオ終了前に
ティナが行動可能となるためホーリーコンボやブリザラへと最速入力で繋ぐことが可能ということ。
特にホーリーコンボはホーリーが命中しなくともメテオののけぞりでフレアへと派生ができるのが魅力。

地上限定ではあるが積極的に狙っていきたいコンボである。

・EXモード時
メテオを二連続で発動できるようになりより弾幕の厚みが増した。
当然発動後には使い勝手が飛躍的に上がったホーリーに繋げるため
一気に相手のブレイブを奪える最強コンボとなる、
メテオ→ホーリー→フレア→アルテマへの究極魔法のコンボは使っていて快感の一言に尽きる。

ファイア [編集]

地を這う炎弾を放つ遠距離魔法攻撃。
弾速、追尾性能は高く、爆発するまで相手を追尾するくらいの攻撃時間の長さが特徴。
攻撃範囲は秩序の聖域半径分ほど。威力も単発だが一発と考えれば十分に高い。

ただ、地上を這うために一回のジャンプですり抜けられ、壁に当たれば爆発・・・、
とあまりよい待遇ではないがホーリーとこれのみ追撃が可能。フォースのお供に。

弾速の速さを生かして空中戦への布石として放ったり
ホーリーの山なり弾道のカバーに使うなど一番牽制らしい働きができる。
それにブリザラを弾いたりとなかなかに判定は強い。
技の硬直や溜めにタイミングを合わせれば地上キラーにもなれるので結構お勧め。
ちなみに対ティナ・バッツ戦だとフラッド潰しに一役買ってくれる。なるべく地上が多い場所で戦おう。
・EXモード時
炎弾を二連続で発射できるようになり
弾速・追尾性能はそのままに牽制力が上がる。

グラビガ [編集]

相手の頭上に重力球を発生させ一定時間後に落とす遠距離魔法攻撃。
重力球展開中は移動可能。時間は大体4〜5秒くらい。

地形による影響がなく落下時には吸引効果もあり地上から遠いほどヒット数が増える。
だがタイミングを合わされると回避一発で避けられる上に
発動時間の遅さから相当な間合いがないと落下前に潰されるため命中は難しい。

広い空間での発動は極力避けた方が身のためだと思う。

・EXモード時
重力球落下後に即座にもう一つの重力球を発生させ落下させる。
2個目には硬直がないため発動できれば相手はかなり厳しい戦いになる。
だが発生させないことにはその能力も宝の持ち腐れ、間合いを見極めて使おう。
それにEXモード維持が打撃属性の少ないティナにとっては難しいので
発動に時間を大幅に取るグラビガはよほどのことがない限り得策ではないかもしれない。

サンダラ [編集]

相手の周囲に雷を発生させる遠距離魔法攻撃。
地形による影響はなくどこでも使えるため使い勝手は良い。
だが発生から命中までのタイムラグが大きく簡単によけられてしまう。

簡単に言うとシャドウフレアの下位互換が適切かもしれない。
命中すると上方に吹き飛ぶので落下時間の差を生かして地上戦に持ち込むのも一手。
発動可能な区域も広く高低差と地形による弊害も全くないのもメリットか。

・EXモード時
二連続で落雷を発生できる。
ただ、発動間隔が広いため連続で出しても
必ずしも命中するわけではないことを忘れずに。

HP攻撃 [編集]

名称CPLAND / AIR最大AP説明追加効果取得方法
フラッド20LAND180相手位置に水柱を発生させる遠距離攻撃
連続で3つ発生する
-初期
トルネド(地上)40LAND180自身の周囲に竜巻を呼ぶ近距離攻撃
アナログパッドで移動できる
吸引
激突
Lv23
トルネド(空中)40AIR180自身の周囲に竜巻を呼ぶ近距離攻撃
アナログパッドで移動できる
吸引
激突
初期
メルトン40AIR300相手に向け炎弾を発射する遠距離攻撃
溜め押しで性能が変化する
激突Lv51
★アルテマ40AIR1000ホーリーコンボから派生
究極魔法を放つコンボ攻撃
吸引
激突
ホーリーコンボマスター

数は少ないがどれも強力。特にトルネドは室内MAPで強い。
メルトンはボタンを押す長さで中距離速射→中速で追尾→高速で壁バウンドと性能が変化する。 どれも使いやすいアビリティばかり。 またフラッドに関しては対コンピュータ戦の際、EXモード中に連射すると命中率がとても高いため、入れておいて損はない むしろ得である

基本アビリティ [編集]

「来ないで!」 避難所→基本アビリティ

EXモード [編集]

トランス!

EXバースト [編集]

名称効果コマンド
ライオットソード力を両手に蓄え無数の刃を放つ○と←を連打して左右のゲージを上昇させる

EX効果 [編集]

名称効果
リジェネEXモード中 常に有効。徐々にHPが回復する
グライド空中で×を押し続けると発動
空中を自由に移動できる
連続魔魔法を放ちもう一度○・□を押す
同じ魔法を連続で繰り出せる

ステータス [編集]

LvHPCPBRVATKDEFLUK
1100033095121110
100699945066711111060

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑地上だと避けれないよ。後,EX中にメルトン2段目後に相手が回避した瞬間,追加メルトンすると必ず当たる -- 2010-08-20 (金) 15:32:21
  • ↑地上だとな、確定2連続メルトンよりもカオスのステージで3段目メルトン2発来るのが恐怖、当たるか当たらないかの際どさが怖い。 -- 2010-08-21 (土) 01:04:09
  • ↑3段目メルトンって壁反射回数とかきまってないのか? -- 2010-08-21 (土) 17:42:27
  • ↑2パンデモニウムでもかなり脅威。視界悪いのにバウンドしまくるし。 -- マテリア 2010-08-22 (日) 02:27:02
  • 2段目メルトン→相手がこっちに回避→ブリザドコンボでEXフォースをためる。離れたいときはファイア→キャンセルN回避→ファイアしてたら意外とあたってくれる -- 2010-09-09 (木) 12:52:40
  • メルトンは2段階目が弾速遅いから、相手がメルトン使ってきたら2段階目まで溜まった頃を見計らってブラスティックゾーンとかで潰せる。 -- 2010-10-31 (日) 00:57:41
  • 移動速度が遅いのなんとかなんとかなんないかなー -- y 2011-08-12 (金) 18:42:48
  • ↑アビリティで移動速度アップつけなさい。 -- ティナ 2011-08-14 (日) 03:53:59
  • ↑決まってはなさそう。瓦礫の塔の通路で使うとブロック崩しの基本的なステージで玉を上に潜り込ませたときみたいな事になる。例えがわかりずらくて、ごめん -- 2011-09-10 (土) 11:34:17
  • 連投すまん↑は3段目メルトンのやつだ -- 2011-09-10 (土) 11:35:44
お名前:

 最終更新: 2011-09-10 (土) 11:35:46 (0m)