ディシディア ファイナルファンタジー攻略wiki

クジャ -Kuja- [編集]

CV:石田彰
コンセプト:レンジマスター
登場シリーズ:ファイナルファンタジー
白い肌に長い銀髪を持ち、美しい容姿をしているが、性格は残忍で自己愛が強く主張が激しい。ジタンに対して異常なまでの嫉妬を抱く。
原作では、アレクサンドリア女王ブラネに"霧"を利用した黒魔道士の製造法を教え、召喚獣を使い世界に混乱をもたらした。

キャラ解説 [編集]

操作は中〜上級者向け。

初撃を当てた後の相手との距離で、後のコンボが変化する特性と、
攻撃しながら移動できるという特性と同時に、初期から「グライド」を持つ機動力を併せ持ち、
さらには多様な技で様々な距離に対応できる能力を持つレンジマスター。

そのコンセプトの通り、ブレイブ攻撃orHP攻撃共に"近・中・遠"様々な飛距離の攻撃が出来る。

ブレイブ攻撃はバランスが取れている。
さらに、何かしらの特性を持つ攻撃が多い。
吸引効果のある技
接触相性が特殊な技
接触相性が無しの技
魔法だが接触相性が「近接」である技(エアダッシュを潰せる)
などバリエーションが豊富。
なので、技の組み合わせによっては、相手にとってかなり厄介で対応しにくいようになることも。
また、技の数もカオス側としては多め。
自らの好みに合わせてカスタマイズすることになる。

とにかく上述した通り「攻撃しながら移動が出来る」と言う特徴を生かした、相手との間合いの保ち方が大事。
いずれにせよ各攻撃も攻撃範囲や特徴にクセがあり、なおのこと相手との間合いが大切になってくる。
また、若干だが火力が低く感じる。
うまく手数を稼いでいきたい。

機動力については上述した「グライド」が初期から存在する事もあり、動きやすい。

HP攻撃は近・中・遠と役割がハッキリとしているが、自分から使っていくには厳しい。

近距離用のフレアスターは発動するまでの追尾、旋回性能共に優秀。クジャ初心者でも一番狙っていきやすい技。
中距離用のホーリースターは破裂点か壁に当たった場所にしか攻撃判定は出ず、少し使いにくいものの、
比較的強力な吸引能力を持ち、狭い場所だと中々に強力。
また、相手の遠距離攻撃に対する盾にもなる。
遠距離用のアルテマは障害物に邪魔されず、奪うブレイブ量も良好。
また、攻撃時間の長さも特徴的。そのため、相手の特定のHP攻撃に被せることも可能。

ただし、いずれも空振りした時の隙の大きさは半端ではないので、
基本的には自分から使っていくのではなく、相手の動きを慎重に見極めて狙っていこう。
それでもEXモード中は話は別。
後述する「オートマジック」により、狙えるタイミングは増える。

EXモードは「オートマジック」の強力さが目立つ。
「オートマジック」の詳細は後述で。
また、「ハイパーグライド」も優秀。
旋回性能、速さ共に良好で動きやすく、自由自在に動けるので「マルチエアダッシュ」が要らないほど。
「EXグライドアップ」と併せるとなお良し。

「適正距離」という形で、各攻撃の「相手とのベストな間合い」を解説していきます。

攻撃アビリティ [編集]

ブレイブ攻撃〜地上 [編集]

名称CP最大AP説明追加効果取得方法
バーストエナジー(地上)30180追撃 激突UT29
スナッチブロー(地上)30180追撃 激突
リングホーリー(地上)20120-UT33
ストライクエナジー(地上)30180追撃 激突
スナッチショット(地上)30180追撃 激突Lv37
リモートフレア(地上)30180激突 吸引

ブレイブ攻撃〜空中 [編集]

名称CP最大AP説明追加効果取得方法
バーストエナジー(空中)30120追撃 激突Lv5UT16
スナッチブロー(空中)30120追撃 激突UT20
リングホーリー(空中)2090-初期
ストライクエナジー(空中)30120追撃 激突
スナッチショット(空中)30120追撃 激突
リモートフレア(空中)30120激突 吸引UT33

SHORT or LONG? [編集]

クジャのレンジ攻撃により、相手との距離によって攻撃内容が変化する。
攻撃によって種類も異なるが
「ホーリーならホーリー、フレアならフレアに繋げた方が強い」という共通点を持つ。

フレアは激突、ホーリーは追撃の効果がある。

なお、SHORTかLONGかは初撃終了後の自分と相手の距離によって決まる。
よって次の攻撃に繋ぐタイミングを若干遅らせることで
ある程度の調節が可能となるので焦らずに一定の距離を保てるようにしよう。

しかし、遅すぎると次の攻撃が発動しなかったり、発動できても外すことがあるので練習も忘れずに。

また、フレアは、EXモード時による弾きで体勢を崩されない特徴がある。

「スナッチショット」・「ストライクエナジー」のフレアコンボは、
相手に近づくにつれ、吹っ飛ばす方向が上に傾いていく。
真上に吹っ飛ばして、天井に激突させることも出来る。

バーストエナジー [編集]

適正距離:相手の真上or真下
(クジャ二人分ほどが位置補正の限界。 その場の自分を含めて三人分)

攻撃発動からの、高低の位置補正が広いのに対し、前後への位置補正が全くなく、
それに加え、攻撃範囲もかなり短いため、かなりクセの強い技となっている。

しかし、攻撃発動からの「位置補正による移動」・「当たり判定の発生」がかなり早く、
ほとんど一瞬である。

また、技の硬直時間が短く、ガード不可の効果もあるので、
攻撃範囲のクセに慣れれば、使い勝手の良い技である。

[SHORT or LONG?]の記述の通り、フレアに繋げた方が威力が高い。

スナッチブロー [編集]

適正距離:ホーリーが折り返す地点丁度。

適正距離で攻撃を当てると、攻撃ヒット数が一番多くなる。
自分に近づくほどヒット数が減っていき、最低2ヒットになってしまう。

魔法を弾き、押し勝つことが出来るのが最大の長所。
さらに、壁や、一部の攻撃(ガーランドの"たつまき"等)をすり抜けることが出来る。

少しだけだが、高低の位置補正がある。
さらに前への飛距離が長く、予備動作が若干長いものの、弾速自体は速い。

ガードされると体勢を崩してしまうが、相手と距離が離れている場合、
相手の移動スピードが遅いと、反撃を回避できることがある。

[SHORT or LONG?]の記述通り、ホーリーに繋げた方が威力が高い。

リングホーリー [編集]

適正距離:セットしている技で変えていこう。

追尾能力のある輪っか状のホーリーを三連続で放つ技。

飛距離は長く、追尾性能も良いのだが、威力が低く
弾速がそう速くないため、ガードで弾き返されやすく、エアダッシュでも弾かれてしまう。

あくまで次の技への起点に使う。
相手がガードで弾き返してきたら、リモートフレアを。
エアダッシュで押し切ってきたら、ストライクエナジー・スナッチブローを。
回避をしたら、スナッチショットを。

という風に、相手の行動によって後の攻撃を変えていくといいだろう。
もちろん、全ての技をセット出来ないので、技の組み合わせを考慮した間合いをとっていこう。

時々アルテマに繋がります

ストライクエナジー [編集]

適正距離:特に無し

攻撃範囲は、真正面にクジャ三人分ほど

バーストエナジーほどではないが、高低の位置補正がある。
バーストエナジーと違い、前への攻撃が少し長い。

クジャには珍しく、クセの少ない技。
出がかなり速く、相手が攻撃範囲内に居れば、簡単に当てることが出来る。

[SHORT or LONG?]の記述通り、ホーリーに繋げた方が威力が高い。

スナッチショット [編集]

適正距離:スナッチブローの適正距離より、やや手前。
(相手との高低差が0の時)

適正距離の位置で使うと、弾を相手にガードされても後ろに下がることで避けることが出来、
相手が回避をした時は、近づくことで回避狩りをすることが出来る。

相手を追尾する二発のフレアを放ち、当たった相手を引き寄せる技。

予備動作が少し長いため注意されたし。

二発目のフレアだけがヒットした場合。
極端にコンボ受付時間が短くなるため、注意されたし。

さらには、ガードによって弾き返された弾に当たると、自分が相手の方に引き寄せられるので、
乱用や、ワンパターンは厳禁である。

[SHORT or LONG?]の記述の通り、フレアに繋げたほうが威力が高い。

リモートフレア [編集]

適正距離:特に無し。

攻撃範囲は、クジャを中心に、ホーリースターの最大飛距離を半径とした球。

相手の位置にフレアが発現するため、障害物に影響されない特徴を持つ。
また、ガード不可の効果も持っている。

効果範囲は狭いものの、強力な吸引能力がある。
ついでに激突の効果もある。

クジャ最大の特徴「攻撃しながらの移動」は出来るものの、
移動スピードが遅いので、あまり期待できない。

攻撃範囲は広いものの、当たり判定の発生までに少し間がある。
しかも、エアダッシュによってかき消されてしまう。

上記の事をふまえると、
対人では「発動見てからフリエア余裕でした(^q^)」になりかねないので、注意。

HP攻撃〜地上 [編集]

名称CP最大AP説明追加効果取得方法
フレアスター(地上)40180激突LvUT24
ホーリースター(地上)40180吸引初期
アルテマ(地上)40300-Lv46UT38

HP攻撃〜空中 [編集]

名称CP最大AP説明追加効果取得方法
フレアスター(空中)40180激突Lv
ホーリースター(空中)40180吸引初期
アルテマ(空中)40300-Lv51UT44

フレアスター [編集]

近接攻撃。

旋回能力が恐ろしく高い。
追尾能力も高く、さらに加えて、プレイヤーによるスティックの移動分も足されるので、
かなり高性能な技。
上方向に激突の効果があるが、飛距離はそんなにないため、あまり期待できない。

「フレアがはじけた時」「5つの小さなフレアが飛び出したとき」「それが舞い上がる時」
の三回ある当たり判定の内、一つにでも当たれば技が決まる。

「フレアがはじけた時」の中心部に当てたときが、一番ブレイブダメージが大きい。
また、それぞれの当たり判定には、魔法を弾き返す効果がある。

ホーリースター [編集]

中距離攻撃。

最大直線飛距離は、丁度スナッチブローの飛距離より、クジャ一人分長い。
少しだけだが、相手を追尾する。
当たり判定発生時に、効果範囲は狭いものの、強力な吸引能力がある。

当たり判定発生まで、相手の攻撃の干渉を受けない性質を持つ。
しかし、壁や障害物に当たると、そこにくっついてしまう。

吸引と、壁にくっつく効果があるので、壁際の相手に効果的。

攻撃発生中・発生後の硬直時間が長いため、乱用は禁物。

当たり判定部分には、魔法を弾き返す効果がある。

!飛んでいく途中のホーリーの球には当たり判定が無いので、
エクスプロードする位置より手前に相手が居ると丸裸も同然。
必ず敵に被る位置か敵の手前に落とす事。

アルテマ [編集]

遠距離攻撃。

全ヒット時のブレイブダメージ量が、全キャラHP攻撃中トップクラスの威力を誇る。

効果範囲がとても長く、威力も高いのだが、
発生するまでの予備動作がとても長く、単体で発動したらまず当たらない。

相手の攻撃のスキをつくか、EXモード時のオートマジックを利用しないと
当てることは難しい。
無理に当てようとするくらいなら、素直にフレアスターを使おう。

地形を盾に出来そうなら反撃をまぬがれる・・・かも。

基本アビリティ [編集]

(リンクに)誘ってあげるよ・・・!基本アビリティ

EXモード [編集]

EXバースト [編集]

名称効果コマンド
ラストレクイエム攻撃のたびに威力が増す連続攻撃○を連打

EX効果 [編集]

名称効果
リジェネEXモード中常に有効 生命力が活性化して徐々にHPが回復する
ハイパーグライド空中で×を押し続けると発動 通常時のグライドよりも長時間高度を保てるようになる
オートマジックEXモード中常に有効 ジャンプ・落下・着地・グライドでホーリーやフレアが発動する

オートマジック [編集]

歩行以外の移動中にホーリー、フレアが発動するようになるEX専用の能力。
EXモードで積極的に利用したい能力である。

能力としては
ジャンプ・落下中:自身の周りを旋回するホーリーを展開し続ける。
空中ジャンプ:時間差で爆発するフレアの球体をセット。ジャンプ時間が長いほど数が増える。
着地:ホーリー展開中のみ。展開していたホーリーを爆発させる。
グライド:ホーリーをメビウスの輪のように回す(移動中のみ発動)。最大4ヒットできる。

EX特化の装備をするならジャンプ力・回数・EXグライドアップは欲しいところ。

特に有効なのがジャンプ・落下中のホーリー。
即座に発動する上、ただの移動に付与される効果なだけに隙がまったくない。
それに加えフレアスターや近距離技による擬似派生も可能なため使い勝手が非常に良い。
空中ジャンプにおけるフレアは時間差で爆発に加え吸引効果もあり罠として置くだけで相手の行動範囲を削り取ることができる。
フレアを置いて相手の行動を制限してからのアルテマ、ジャンプからのフレアスター、
頭上から落下ホーリー・着地フレア、止めにフレアスターなど
戦略の幅も広がるため、使い方次第でブレイブ攻撃以上の働きも期待できる。

また、ジャンプ中・落下中・グライド中に展開されるホーリーは、技の優勢度(?)が高く、
ガードと同じ強度を持つ。
つまり、「ガード相手と相打ちになる技」「ガードブレイク効果を持つ技」以外の技を完全に弾くことが出来る。
ただし、ガード範囲が攻撃範囲に依存するため、上下からの攻撃を防げないので注意されたし。

また、EX弾きも適用されるので相手のEXゲージを把握した上で決めよう。
なお、受け身をとると落下ホーリーの出が遅れ攻撃の餌食になりかねないので受け身の使用には注意すること。


たまに、ホーリーが展開されないバグが発生することがある。

現象としては、
・ジャンプ中、落下中、グライド中のホーリーが発動しない。
・ジャンプ中、落下中、グライド中のホーリーが発動しないのに加え、
 落下中にフレアが垂れ流し状態になる。
のいずれかです。

なりやすい条件としては、
「空中でEXモードになり、
攻撃をせずにグライドが発動するかしないかのタイミングまで×ボタンを押す。」
です。

このバグが直らない場合、着地することで直ることがある。

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • クジャでは、皇帝のフレアは跳ね返せないんですか -- key 2010-10-16 (土) 11:15:38
  • 無理です -- 2010-10-17 (日) 22:41:19
  • クジャに派生技ついていればいいのに・・・ -- 2010-12-29 (水) 17:20:25
  • ↑必要ないだろ。クジャは元々慣れればオートマジックから繋がるし、派生はやたらCP喰うし -- 2010-12-30 (木) 23:27:32
  • クジャはグライドで相手の真上にきてバーストエナジーで奇襲。吹きとばした後スナッチショットやホーリースターで攻撃が入りやすいよ。スナッチブローはカウンター時のみの奇襲に使う方がいい。 -- 2011-01-02 (日) 14:34:08
  • クジャはアルテマ出してれば勝てる!1 -- 大介 2011-10-31 (月) 00:24:37
  • クジャはアルテマ出してれば勝てる!1 -- 大介 2011-10-31 (月) 00:24:42
  • ↑最強のカモだな、そりゃ -- 2011-12-31 (土) 20:57:31
  • オートマジックTUEEE -- 藍 2012-07-03 (火) 19:04:33
  • 関係ないんですが、クジャの一部のエンカウントボイスが結構…“アレ”ですよね(汗) -- 2012-09-05 (水) 15:04:18
お名前:

 最終更新: 2012-09-05 (水) 15:04:20 (0m)